雨の日ランニング メリットデメリット 必要なアイテムを紹介!

雨ランニングのメリットデメリット

雨の中のランニングは、爽快感やリフレッシュ効果などの魅力があります。

しかし、雨の日は視界が悪くなるため事故にあう可能性や路面が滑りやすくなり怪我をしてしまう危険性もあります。

そこで、今回は雨の日でも安全にランニングをするための注意点をご紹介します。

雨の日のランニングを快適にするアイテムも合わせてご紹介します!

雨の日のランニングを楽しく安全に行いましょう!

えいくん

雨の日走ってもいいのかな?

たますけ

気をつけて走ろう!

この記事はこんな人におすすめ

  • 雨の日のランニングをしてみたい
  • 雨の日のランニングで注意することを知りたい
  • 雨の日のランニングのメリットを知りたい
この記事でわかること
  • 雨の日のメリット&デメリット(注意点)
  • 雨の日でも快適に走れるアイテム
【広告】
目次 (タップできます!)

雨の中走るデメリット

雨の中ランニング

雨の中走ると怪我をする危険性があるので、安全に走るためにまずはデメリットから紹介します。

  • 視界が悪い
  • 転倒する危険がある
  • 体温が下がりやすい
  • マメなどができる

雨の日の夜はかなり見えずらいので避けるのが無難です。
運転手も“人がいるかも”という意識が薄くなり危険性が増します

視界が悪い

雨で視界が悪い状態

雨ランニングのデメリットとして、「視界が悪い」ということが挙げられます。

雨粒が眼にかかると視界がぼやけたりするため、安全な走行が難しくなります。

これを避けるために、キャップサングラスを活用すると良いでしょう。

また、車の運転手からもランナーの存在に気付きにくいため、交通量の多い道路では注意が必要です。

特に、見通しの悪い場所ではスピードを抑えて慎重に走り、明るめのウェアを着用するなど安全第一で楽しい雨の日ランニングを楽しんでください。

転倒する危険がある

転倒するイメージ

滑りやすい路面で走るため、転倒や怪我のリスクが高まります。

特に急なカーブ凹凸のある場所には注意が必要です。

適切なシューズや滑り止めソールの利用、スピードを押さえて走ることが大切です。

体温が下がりやすい

体温が下がりやすい

雨に濡れることで体が冷え、体温調節が難しくなります。

体力消耗や筋肉の緊張が増し、怪我や体調不良のリスクが上がる可能性があります。

防水性透湿性の高いウェアを着用し、体を温かく保つ工夫が必要です。

ランニング後はすぐにお風呂に入り、着替えるなどして体を温めることが大切です。

マメなどができる

シューズが濡れると摩擦が増し、足にこすれが生じます。

それが原因で、足裏や指などにマメができることがあります。

ランニング前に適切な靴下の選択、ワセリンや擦れ予防のジェルなどの利用が予防策として有効です。

雨の中走るメリット

  • 気温が低く走りやすい
  • マラソン大会の対策になる
  • 日焼けしにくい
  • 人が少ない

気温が低く走りやすい

気温が低く走りやすい

雨によって気温が下がり、走りやすくなります。

暑さのストレスが少なくなり、長距離走でも快適に行えます。

肌に受ける心地よい雨の刺激で、気分もリフレッシュされることでしょう。

ただし、ウェアやアイテムの選択に注意し、体温調節に気を配ることが大切です。

マラソン大会の対策になる

悪天候でのマラソン大会

多くのマラソン大会は雨でも開催されます。

そのため、雨の日にランニングをすることで、「ぶっつけ本番」で雨のマラソン大会を走るということを避けられます。

体調の変化などを事前に経験をすることができ、大会中のトラブルを軽減できます。

日焼けしにくい

日焼けしにくい

日差しが遮られるため日焼けしにくいです。

雨雲に覆われているため紫外線の影響が軽減(晴れの日の30%ほど)され肌へのダメージを抑えることができます。

日焼け対策をあまり気にせずにランニングを楽しむことができます。それでも紫外線対策は忘れずに。

日焼け止めや帽子、適切なウェアを着用することで、雨の日ランニングを楽しめます。

人が少ない

雨天のため多くの人がランニングを避ける傾向があります。

人が少ないことで、自分のペースを妨げずに走ることができ、快適な空間を楽しむことができます。

混雑を避け、自分のペースやトレーニングに集中できる点が魅力です。

ランニング 雨の日 対策

雨対策①:場所・コースで対策する

トンネル高架下木が多い公園であれば雨を避けることができます。

逆に、舗装されてない道などは凹凸で転倒したり、泥で汚れることがあるので避けた方がよいです。

また、お金はかかりますが、ジムのランニングマシーンを利用するのも一つの方法です。

雨対策②:アイテムで対策する

雨で体が濡れてしまうと、体温が奪われてしまいます。

防水性・撥水性に優れたウェアを選ぶ必要があります。

視認性を高めるため、明るい色を選ぶとよいでしょう。

気温や時期などに合わせたおすすめコーディネート

  • 春夏の温かい時期や軽い雨→ 半袖シャツ ハーフパンツ キャップ
  • 秋冬の寒い時期や強めの雨→ 長袖シャツ、ロングタイツ、レインジャケット キャップ

ウェア

防水性のジャケットやパンツを着用し、濡れを防ぎましょう。

透湿性の高い素材で汗を逃がし、ムレを防止することも大切です。

また、軽量で動きやすいデザインを選ぶことで快適性が高いことも重要です。

シューズ

「滑り止め性能」「防水性能」の高いものがおすすめです。

特にマンホール、道路の白線などは滑りやすくなっています。

最適なシューズを選ぶことで、雨の日でも安全、快適にランニングをすることができます。

おすすめはこちら

防水性能の高い「GORE-TEX」を採用したシューズで雨の日のランニングも快適です。

キャップ

キャップをかぶることで、雨が目に入ることを防いでくれます。

視界を確保でき、雨の日でも安全なランニングをすることができます。

サングラス

キャップと併用することで、より雨粒から目を保護し、視界を確保することができます。

色がついていないレンズのものを選ぶと雨の日でもクリアに視界を保てます。

クリアレンズのサングラスを一つ準備しておくと夜のランニングにも使用できます。

ソックス

速乾性吸湿性の高い素材のものを選びましょう。

水ぬれによるマメや擦れを軽減し、トラブル回避に役立ちます。

快適な足元で雨の日のランニングを楽しむために、適切なソックスの選択が大切です。

スマホケース(ポーチ)

スマホを携帯して走るという方もいるかと思います。

スマホが雨で濡れてしまうと故障の原因にもなります。撥水・防水性のあるスマホケース(ポーチ)を使用しましょう。

まとめ:雨の日ランニング メリットデメリット 必要なアイテムを紹介!

雨の日のランニングにおいては、アイテムでの対策や危険性があるということを意識して走ることが重要です。

対策をしっかりと行い、安全で快適な雨の日のランニングを楽しみましょう。

  • 視界が悪い
    キャップサングラスを活用する。明るめのウェアを着用する。
  • 転倒する危険がある
    急なカーブ凹凸のある場所では注意!
  • 体温が下がりやすい
    防水性透湿性の高いウェアを着用する。
  • マメなどができる
    ワセリンや擦れ予防のジェルなどの利用する
  • 気温が低く走りやすい
    長距離走でも快適
  • マラソン大会の対策になる
    大会中のトラブルを軽減
  • 日焼けしにくい
    紫外線の影響が軽減
  • 人が少ない
    自分のペースで走れる

ランニング中におすすめ

  • Amazon Audible2ヶ月無料 聴く読書で時間を有効活用)
  • Amazon Music30日間無料 1億曲以上が聴き放題)
雨ランニングのメリットデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはお気軽にどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


目次 (タップできます!)